指導方針

指導方針

1-1.目標:
ラグビーフットボールを通じて、子供たちに楽しく運動する機会を与えると共に、常に一貫した指導の下、ラグビーの練習及びルールを通してラグビーに対する正しい理解と関心を高め、併せて健全な心身の発達を図ることを目標とする。

1-2.基本方針:
1) 積極性
自ら進んで積極的にそして楽しく練習できる子供を育てる。
2) 礼儀
挨拶や返事がきちんとできる子供を育てる。
3) 協力
ラグビーの個人技能(スキル)を高めると共に、チームプレーの重要性を理解させ、全員が協力 して戦うチームワークを育てる。
4) 自主性
各個人それぞれが、またチーム全体が自らの考えを持ち、それをプレーできる環境を作り、積極的なチームを育成する。
5) 創意工夫
勝利至上主義とはならないが、勝利を目指すことも一つの目標とする。勝利は各個人の練習への意識を高める大きな要素であり、またチームの結束を強めることも事実である。
勝つ為に考え、工夫できる子供を育てる。
6) 遵法精神
ラグビーは闘技である。ラグビーを通じ闘う精神を育てると共に、ルールを理解し、遵法精神の重要性を理解できる子供を育てる。
7) 尊敬
相手チーム、レフリーを尊敬できる子供を育てる。

 

指導委員の心得

2.指導委員の心得(コーチングポリシー)

江東ラグビークラブ コーチングポリシー
『ラグビーが好きでたまらない』というプレーヤーを育てよう

1) 安全にプレーできる環境を提供する。
2) 安全にプレーできるスキル習得に最大限指導する。
3) 社会性をもったプレーヤーを育成する。
4) すべての選手にすべてのスキルを習得する機会を公平に与える。
5) 単に勝ち負けに拘ることなく、選手の成長過程に着目する。
6) コーチ自らが己を律し、選手、クラブの模範となるべく装い、行動する。
7) 学ぶことをやめない(学ぶことをやめたらコーチをやめなければならない)。
8) ラグビーというスポーツの導入期の現場を預かっているという自覚を持ち、自省を忘れない。

 

解任

3.解任
クラブは、ふさわしくないと認められる者に対し、役員会の決議により指導委員を解任することができる。

2019年4月26日改訂

江東RFC全カテゴリー指導要領 _20140518_PWD (※クラブ員のみ閲覧可)

江東ラグビークラブ指導方針等 同意書_20140323

Copyright(c) 2019 江東ラグビークラブ All Rights Reserved.Designed by o2BusinessTheme